ポイントなしで使える・出会える無料出会い系サイト

オススメ無料出会い系サイト一覧



【オススメポイント】
地域別検索、サイト専用メール、チャット機能などなど
出会いに効果的な機能が満載の人気のサイト!管理人イチオシです♪


最新情報

使いやすいサイトx

<更新日時> 05月27日(火) 16:49

出会い系を始めて、二年。
有料サイト、無料サイト問わずに利用しましたが、
無料サイトのほうが、いろんな意味で利用しやすく、女性と出会いやすいです。
基本的に無料出会い系サイトは、何をするにしても無料です。
なので、より多くの女性に、こまめにメールを送信することが出来ます。
しかし、有料出会い系サイトの場合、メールの送受信にお金(ポイント)が必要です。
なので、気が焦ってしまい、「メールは少ない回数で会うまでこぎつけよう」というう心理が働いて、ついつい焦ってしまいます。
もちろん、こういう心理はオカネモチの人であれば問題ないと思いますが、僕みたいな貧乏な人間だと、そういう心理が働いてしまい、失敗しがちです。
その点、無料サイトであれば、何度メールを送っても無料です。
なので、じっくり、時間を掛けてメールのやり取りができますし、
何気ない雑談メールも送りやすいです。
基本的に出会い系サイトに登録している女性は、
「男性と出会いたい」と考えています。
が、やっぱり「誰にでもついて行く女だと思われたくない」という心理が働き、
警戒心を持っている人が多いです。
なので、その警戒心をほぐすために、長期間、メールの送受信が必要です。
あくまで僕の倍ですが、メル友→メール、話題で盛り上がる→「じゃあ今度一緒に行きましょう」という流れだと、成功しやすいです。
出会い系は、それぞれ、自分に合ったやり方、方法というのがあります。
なので、それを見つけるために、無料出会い系サイトで、じっくりと戦略を練って、楽しんでくださいね。

安全な出会い系の探し方

<更新日時> 05月27日(火) 16:49

男女交際をインターネット上でサポートしてくれる安全な出会い系サイトの探し方をご紹介しよう。
「完全無料」な出会い系サイトの中には、悪徳業者や悪質会社が運営する出会い系サイトも混じっていて、後日請求書を送ってきたり迷惑メールを送るような、とんでもない猛毒サイトがある。
そういったリスクを避けるために3つのポイントをご紹介するので覚えておこう。
一番目は利用規約や会社概要を徹底的に読むこと。
サイトにアクセスしても、すぐに見つからなかったり掲載されていない場合は駄目サイトだ。
特に運営実態が不明確で××事務局なんて会社名もないところや電話番号・所在地・責任者名が明記されていないサイトは要注意だ。
同時に顧客サポート体制はどうなっているのかもチェックしたいポイント!
不明点などの問い合わせ先が記載されていない場合はアウトだ。
二番目はYahoo!メールやGmailやHotmailやなどのフリーメールを利用すること。
個人情報データが流出しないとは限らないから、フリーのメルアドを使っておけばトラブルにあっても、すぐに削除できる。
三番目はサイトデザインに注意だ。
アダルト的な匂いが1点でも漂っているサイトは99パーセント悪徳業者や悪質会社が運営する出会い系サイトだ。
真面目で真剣な出会いを探しているサイトはデザインも落ち着いていて爽やかさを強調している。
性的な要素が強いデザインは男性には効果的かもしれないが女性は嫌悪感を覚える。
だから女性は登録しないので、女性の大部分はサクラだと考えられる。

マナーを守ろう

<更新日時> 05月27日(火) 16:49

生活するにはマナーを守らなければならないシーンが随所にあるが「完全無料」な出会い系サイトを利用する場合も例外ではない。
最低限度守るべきマナーができていなければ出会いなど期待できない。
面と向かって話をしているのではないから、しっかりと自分の気持ちを伝える文章表現力を身につけよう。
文章力が弱いと自覚している人は、すぐに文章力をアップする本を1冊ゲットして自分磨きをしよう――図書館で借りても良いし購入しても良い。
言葉遣いや言い回しによって不快感をあたえず、意味不明な文章にならないようり論理をきちんと立てた文章にしないと馬鹿に思われる。
お馬鹿キャラはテレビでは受けるかもしれないが、自分の恋人がお馬鹿はいやだろう。
ここでは3つのマナーポイントをご紹介しておく。
一番目は、あいさつを完璧にすることだ。
お互いに素性がわからないから、最初の言葉がとても大事になり、それがそのまま第一印象になる。
第一印象が最悪ならば、絶対にデートする段階までいかない。
タメ語を使うのは禁止と考えておいて敬語や丁寧語を使おう。
ビジネスシーンのような固い言い回しは不要で、相手に好感を抱いてもらう言葉遣いを意識してほしい。
そして、男性の方から女性に声をかけるのが理想――女性の大部分は肉食系女子が増えたとはいえ、なかなか男性に声をかけづらいものだから男性諸君の奮起に期待したい。
二番目は、自分の人物像を具体的にクッキリさせることだ。
あいさつの次は自己紹介になるが、漠然とした<優しい>とか<親切>だとかの表現はインパクトに欠ける。
エピソードを具体的に紹介しておくと、あなたの人となりが理解してもらいやすいだろう。
<優しい>なんてことばは、ひとつも心には響かないだろう。
もちろん自己紹介だけでなく、相手への理解も忘れてはならないポイントだ。
三番目は、出会いを焦らないことだ。
特に男性は焦りがちだから、<焦らずじっくり>と言う言葉を10回唱えてほしい。
まずはメールでの会話を重ねてコミュニケーションを深めることを1カ月は続けてみよう。
そうすれば二人の理解は相当深くなるし、気心も知れてくる。
会話も敬語から口語口調になっているかもしれないから、そういった兆候が見えてからデートのお誘いをしよう。
いつまでもデートのお誘いをしないとタイミングを逸してしまうので勝負どころを見逃さないように注意!

登録数は年々増えている

<更新日時> 05月27日(火) 16:49

最近ではティッシュの中に入っているチラシや雑誌の広告で、出会い系サイトを良く見かけるようになりましたね。
インターネット上での広告でも、ついクリックして覗いてみたくなるような、出会い系サイトの広告が溢れています。
広告でよく見かけることはあっても、いまいち出会い系サイトについてよく分かっていない、という人も少なくないのではないでしょうか。
出会い系サイトは男女の理想の出会いを提供する場として機能していますが、サイトごとにその個性は非常に豊かです。
サイトごとに会員層が異なっていたり、コンテンツや機能に特色があります。
たとえば、メル友募集専門のサイトが合ったり、結婚相談所のように将来を見据えた真剣な相手探しをサポートしている出会い系サイトもあります。
大規模なサイトでは色々な目的をもった会員が集まってきますし、自分の目的が定まっていればより効率よく相手探しをするために専門のサイトを利用する方法もあります。
サービスの多様化により、出会い系サイトを自分の目的や好みに応じて自由に使い分けられるようになっているのです。
それほどこだわりがないのなら、まずは手軽な無料出会い系サイトからスタートしてみるのも良いでしょう。

出会い系では出会えない?

<更新日時> 05月27日(火) 16:49

「完全無料」な出会い系サイトは出会えない!――そんな噂があるが本当だろうか?
間違いなく「定額制」の出会い系サイトや「ポイント課金制」の出会い系サイトの方が出会いの機会は多いだろう。
「完全無料」な出会い系サイトで出会いが実現せず、アクセス数が極端に少なくなり閉鎖に追い込まれているサイトが多いのは周知の事実だ。
「有料」出会い系サイトが出会い安いのは、男性と女性の構成比率をできるだけ50パーセントずつにキープしようと努力しているからで、中には宣伝広告費用の8割を女性ユーザー獲得に使っているサイトもあり当然「優良」な出会い系サイトだ。
一般的に「完全無料」な出会い系サイトの男性会員は9割から8割のシェアになっている。
8割と仮定した場合、男性8人に対し女性2人のモデルになる。
恋人関係を求めるならば1対1になるから、カップル制約するのは男性2人のみ。
あとの6人は出会えないことになる。
これが9割になるとますます出会えない――閉鎖されるサイトがでてくるのは当然だ。
しかし女性にとっては有利なのでは?という疑問もある。
確かに数的にはそれで間違ってはいない。
男性の質はどうなんだろう。
「無料」で使えるから興味本位の人もいるし悪戯目的の人もいる。
SEX目的の男もいるだろうし、コピー商品を売る業者まで参入してきている。
ようするに無法地帯だ――こういった人の餌食にならないように注意をしてほしい。
「有料」出会い系サイトはお金を出してまで出会いをしたい男性が集まっているので比較的安全ではないだろうか?
判断は、あなたがしなければならない。

サイトの見極め方

<更新日時> 05月27日(火) 16:49

無料出会い系サイトって、いいですよね。
無料で出会いの場を提供してくれるサービスを行ってくれるんですから。
正直、異性と本気で出会いたいと思っている方にとっては、かなり助かるサービスです。
悪徳サービスの無料出会い系サイトもありますが、それ以上に、無料出会い系サイトで、いい出会いをしたという人、多いです。
ただ、自己防衛として、最初、所見のサイトは、フリーメールを使って登録したほうがいいです。
無料サイトは、広告収入で成り立っています。なので、広告メールが来ることがありますし(といっても、そんなにたくさん来るわけではありません)、
また悪徳サイトの場合、アドレスが他業者に流出する場合もあります。
また、利用規約も読まなければなりません。
というのも、規約の中に「姉妹サイトと同時登録」「アドレスその他の情報提供をする」と書いてあるサイトもあり、
そういうサイトの場合、姉妹サイトが有料サイトだったり、いろんな怪しい業者にアドレスが流出することもありますので。
後々、困った展開にならないように、利用規約は読んでおいて下さいね。
登録したら、登録している異性を見て下さい。
全員が全員、可愛い子がそろっていたり、セクシーな写真ばかりが載っていたりしませんか?
そういうサイトは、男性の下心に訴えかける詐欺サイトである確率が高いです。
送られてくるメールも、サクラの場合が多いです。
楽しく無料サイトを利用するためにも、しっかりと自己防衛はして下さいね。

競争率が高い無料出会い

<更新日時> 05月27日(火) 16:49

出会い系サイトでは地域別に相手を絞り込んだり、地域別専門のサイトを利用すると便利ですが、その地域によっては競争率が大きく異なってきます。
たとえば、以下の体験談から東京都と地方の競争率の違いがよく分かります。
「私は地方に住んでいるので、たまには都会の女の子と遊んでみたいと思い、たまたま東京に出張に行くことがあったのでこの機会に出会い系サイトで相手を探してみることにしました。
東京はやっぱり会員が比べ物にならないほど多いなあという引用でしたが、やっぱりライバルも多かったです。
競争がかなり激しいので良い相手が見つかるかどうか不安でしたが、運よく26歳のAちゃんという女の子と知り合って、さっそく直アドも交換して、デートの約束にも成功しました。
あまりに上手くいっているのでもしかしたらサクラに騙されたんじゃないかと思いましたが、そんな心配は無用でした。
デートの日は軽く食事デートをして別れました。次のデートの約束も快く受け入れてくれて、本当にこんな良い出会いがあるもんなのかと感激しています」

変えることが大切

<更新日時> 05月27日(火) 16:49

出会い系サイトで誰かと出会って仲良くなるまでには、メールなどによるコミュニケーションが欠かせません。このメールでのコミュニケーションがスムーズにいくことが重要となってきます。
メールという文章によるやりとりとはいえ、会話としてのキャッチボールがうまくいないとダメなわけですが、スムーズな会話というのはなかなか難しいものです。それをある程度の期間は継続しなければならないわけです。
こうしたメールでのやりとりの会話を活発にするためには、たとえば、効果的な質問を織り交ぜるといいようです。要するに、こちらから話題を振るだけでなく、相手が自ら話し出すようにすればいいわけです。
相手がどんどん話題を出してくるようになれば、こちらはそれを聞いているだけでも会話がスムーズになるわけです。そうして、こちらがわざわざ質問をしなくても、相手から情報を与えてくれるようになります。
ただ、そういう状態に持っていくのはなかなか難しいもので、相手が興味を持っていそうな内容や、疑問を感じてしまうような内容の質問をさりげなくすることで、相手がそれに反応したくなるように持っていくことが可能です。
こうした流れをうまく作ることができれば、後は自然と会話がスムーズに流れる可能性が高くなります。この「?」という疑問符を効果的に使うことが大事なのです。
そのためには、相手のプロフィールをきちんとチェックしたり、何気ない会話の中でスルーしてしまいそうなことでもきちんと考えてみるといったことが必要になってきます。
ただ、あくまで効果的な質問でなければなりません。「?」ばかりで相手にうざいと思われてしまわないようにしなければなりません。

登録した後の出会い系での注意点

<更新日時> 05月27日(火) 16:49

男女交際系Webサイトの「完全無料」な出会い系サイトに登録した場合に気を付けたいことがある。
一番目は積極的にメールを送る事。
せっかくサイト登録をしても相手からの出方をまっているだけでは出会いが実現することはないだろう。
プロフィルを検索して相手を絞り込み一人一人のデータを閲覧しながら、<これは!>という直感が働いたら間髪をいれずにアプローチメールを入れよう。
見ているだけでは、どんどんライバルたちに先を越されてしまう。
してはいけないことは、コピペメールの送ること――これは荒らし行為になり通報される場合もあるから要注意だ。
二番目はプロフィル作成に力を入れる事。
最低限度のプロフィルしか作成していないプロフィルは、あなたの出会いに対する姿勢・意欲の表れだ。
真剣に出会いを考えていないような人に興味をしめることは考えにくいだろう。
客観的に自分のプロフィルを見直そう。
自己紹介文で400文字も不要だから、多くとも150文字程度が良いのではないだろうか?
ケースバイケースで考えて欲しいが、文章力のない人は致命的だから、今すぐに文章力を高める本を1冊ゲットして自分磨きをしてもらいたい。
少しでも文章力がアップすれば、すぐにライバルたちと差をつけることができるだろう。
自信がつけば、もう1冊レベルの高い本を買ってさらに差を大きくしておけば安泰だ。
三番目は検索機能を使いこなす事。
本気で出会いを想定するならば当然お住まいはご近所など同一都道府県の人が望ましい。
こういったことも意識して相手を検索しよう。

無料と有料はドメインでわかる

<更新日時> 05月27日(火) 16:49

無料の出会い系サイトへの登録を行ったというときに、
他のサイトへも同時登録されてしまうといったことは珍しくありませんね。
そういったことがあると多くのサクラからのメールが届くようになります。
無料の出会い系サイトの利用規約には、
そういった同時登録のことがさり気なく書いてあるといったこともあります。
無料の出会い系サイトへ登録したのに、
気付けば有料出会い系サイトへの登録もされてしまっていたといったこともあるものです。
こういったことが起こる場合、ほとんどが無料の出会い系サイトと、
同時登録先の有料出会い系サイトが同じ運営会社によって行われているといったことになります。
無料の出会い系サイトを誘導目的で作っているわけです。
無料の出会い系サイトへ登録をすれば、同時に有料出会い系サイトへも登録させられるわけですね。
こうやって同時登録を行われてしまうと、たくさんの迷惑メールが送られてきてしまいます。
それも無料の出会い系サイトのように装って有料出会い系サイトがメールをしてくるので、
慣れていない人であれば間違って有料出会い系サイトを利用するといったこともあります。
そして当然利用料金を請求されるようになります。
そういった迷惑メールに混ざって無料の出会い系サイトから女性がメールしてくるのではないか、
と思うとやはり一気にメールを削除するといったことも出来ません。
こういった場合はどうやってメールを処理すればいいのでしょうか。
まず重要なのは、送られてくるメールのドメイン名を確認することです。
ドメインというのは、メールアドレスの@以降の部分を指します。
無料の出会い系サイトと有料出会い系サイトでは、このドメイン名が違うといったことが多いものです。
自分が登録した無料の出会い系サイトのドメインと、同時登録先のドメインを確認しましょう。
そうすればどちらのサイトから送られたメールかということを見分けることができます。

次の記事 »